パトス・ヴォイストレーニング

パトス・ボイトレは『発声身体力学』を提唱 発声学と身体学とをスピリチュアルに融合 『発声が変わると歌は見違える!』 音痴解消から、歌える別人へ 万年素人から、憧れる達人へ

    ★ 特別な技術を身に付けるというより
      見失った機能を取り戻すことから始まる! ★

    ☆ 努力する前の状態を見失っているので
      闇雲に頑張っても上手くならないのです! ☆
 パトス・ボイトレは、上手く成らない方が可笑しい・・ボイトレです!

一日セミナーを開催します! 詳しくは左記メニューのセミナーご案内から!

飛び入り参加型の芸なんら道具も準備も必要とせず身体ひとつで いつでもどこでも 参加できるもちろん  一人でも  人前でも 楽しめる上下の関係なく 独り相撲の境地で 楽しめるただ 人前で歌うときは  公害に成らぬよう  務めたい。聞き手に我慢の苦痛や退屈を ...

NHKのど自慢 のように自慢にする芸自惚れと、受け狙いと思い込みの強い性格的な芸聞き手より、歌い手本人のほうが上手いと思えている芸聞き手の正しい判断が 歌い手に解らない芸 ...

安易に才能論が出る芸見えないところで違いがでるため原因がわかり難いスポーツの様に練習の成果を明らかにしない才能論のほうがスター性になる蘇州   “ 東洋のピサの斜塔 ” とも称えられる 「虎丘」 ...

音楽は子供の頃から一番身近にあった芸マスコミなどから振れる事(音を耳に入る)が毎日のようにあり日舞などに比べる体験が圧倒的に多いただし生のショウの体験は、非常に少ないこのため聴き込めてない・気付いていないものがあるここから誤解が生まれ易い蘇州   “ 東洋 ...

合わせること(音程・ものまね)しかできない芸カラオケ採点機で評価されるような芸音程に合わせる器用さのような 上手下手の評価となり感動・創造・驚きを起こさせない蘇州  白馬澗 ...

呼吸をベースにしている芸日常の呼吸がそのまま反映する会話に使える息(通常)に音程だけを加えた喉の使い方で歌にする声を出す喉の感覚  耳・聴覚で感じる⇒カラオケ息を吐く体の感覚  皮膚・筋肉で感じる⇒歌声蘇州  白馬澗 ...

作品が客観的にわかり難い芸習字や絵画のように作品は、自分と分離して表現されるが(入魂と作品の表出が対峙・集中できる)歌唱は、自分自身が表現の一部にもなり切り離し難い独り善がりに為りやすい蘇州 蠡園(れいえん) ...

達人(プロ)を除いて素人集団だけで構成する芸プロから学ばないプロ歌手が 素人を育てない野球などではプロ選手が少年チームを指導する上海 新天地 シンティエンディー ...

何年やっても職人的 上達を伴わない芸一芸または一つの能力(技術者・職人 身近な職能 英会話)は出来る人と出来ない人との差が非常につくものギャップから学ばない手も足も出ないところから学んでいないむしろ得意と思うところから学んでいる上手く唄えると思い込みで事 ...

基礎を取り入れにくい芸 日頃のカラオケボックスで練習した成果を出してがんばります  のように 今出来ている事の他には探しにくい  今出せることの延長しか解らない 1から学ぶことなく 今の習慣から始める どう唄っても それ(歌)らしく成り易い だから上手く唄う方へ ...

↑このページのトップヘ